忍者ブログ
髑髏手ぬぐい屋
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[01/10 icncwsbimh]
[10/24 ufnbpcdbhk]
[01/02 京髑髏]
[01/02 田中貴子]
[10/11 京髑髏]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
京髑髏
性別:
男性
職業:
髑髏 骸骨 野晒し
趣味:
髑髏 骸骨 野晒し
自己紹介:
京髑髏「きょうどくろ」

創業平成二十年
京都の髑髏柄てぬぐい屋

日本の髑髏絵、和の髑髏を中心としたてぬぐい、
和小物、掛軸、着物、浴衣、骨董、髑髏画
などをコツコツと紹介していきます。

髑髏、どくろ、ドクロ、野晒、野晒し、野ざらし、のざらし、
晒され頭、されこうべ、しゃれこうべ、しゃりこうべ、英:Skull
スカル、頭蓋骨、骸骨、がいこつ、ガイコツ、骨、ほね、ホネ以外に
魑魅魍魎、蜘蛛、蜘蛛の巣、蝙蝠、蛇、狼、棺桶、霊柩車、死人
鬼、般若、閻魔、地獄太夫、一休、即身仏、御墓、卒塔婆、
藁人形、幽霊画、化け物、妖怪、刺青、文身、和彫り、入墨、
梵字、彼岸花、曼珠沙華、死人花、幽霊花、九相図絵巻、死絵、
地獄絵血みどろ絵、処刑場図、生首、切腹、標本、医学書、
解剖図、解体新書、解体約図、解屍実写図巻、百鬼夜行、
拷問、責め絵柄など、とにかく暗黒系にこだわって制作予定で巣。


てぬぐいは毎月新柄を制作予定ですので
髑髏のてぬぐいが好きな方は是非参加してみてください。

京髑髏手ぬぐい販売店

桔梗商店
http://www.k-kyo.com/ 

桔梗商店オンラインショップ
http://k-kyo.ocnk.net/

 
是非、京都に逝きませう♪♪

KYO DOKURO
JAPANESE SKULL
KYOTO JAPAN
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
カウンター
30 29 28 27 26 25 24 23 22 21 20
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

               

               
 
               



江戸時代~明治時代

小布施町の豪商として知られる高井鴻山「たかいこうざん」は、
幕末から明治にかけて個性豊かな妖怪画を描いたことでも有名です。
鴻山は若くして京都、江戸に遊学し、多くの文人墨客、勤皇の志士らと
親交がありました。。

鴻山の妖怪画は、初期は彩色で描かれ、後には
墨画となるといわれます。。

この一番上の絵は大柄な7匹の妖怪と、その周りに金泥で
オーラ?のようなものが描かれています。


妖怪図

江戸時代末~明治時代

鴻山は葛飾北斎、河鍋暁斎との交流や、百鬼夜行など
の古くからの妖怪図などを意識しつつ、鴻山独特の
妖怪図を創作しました。。

この二番目の絵は縦長の画面を絶妙に使い、
右上から左下へ次から次へと沸き立つように
現れる妖怪の姿を描いている。。


妖怪図

江戸時代~明治時代

三番目の画像は岩の前に座る妖怪からは呪文?のような
ものがでています。。

絹本の初期の妖怪画の一つで
鴻山の妖怪画は妖怪群として描かれることが多いなか
、この作品は単体で描かれています。。。
PR
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL ADDRESS
WEB SITE
COMMENT
PASS WORD
無題
群れを成す禍々しいもの。。

幼い頃。。

なぜあんなにも心惹かれたのか。。。


ハル

2008/08/11(Mon)23:31:22
EDIT
無題
禍々しいものたち。。

幼い頃にしかみえないものが
存在したのかもしれません。。

いまはもうみえないけれど。。。

京髑髏

2008/08/12(Tue)00:03:01
EDIT
無題
たとえみえなくなっても。。

いまも奥深くに。。


きっとあなたのなかにも。。。

ハル

2008/08/12(Tue)01:37:18
EDIT
無題
自分が気づかなかっただけで、、

今も自分の近くに。。。なかに



生きつづける。。。。

京髑髏

2008/08/12(Tue)02:37:47
EDIT
TRACKBACK
TRACKBACK URL:
忍者ブログ [PR]
"京髑髏" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY NINJA TOOLS @ SAMURAI FACTORY INC.